ビジネスホテルでデリヘル嬢と揉める

更新日:

友人の結婚式の後にビジネスホテルで泊まることにした。

すると一緒に参加した友人も、「隣の部屋に泊まるわー」と便乗してきた。

「それはいいけど、俺はセフレを呼ぶつもりだけどいい?」
「なにー、じゃあ俺もデリヘル呼ぶわ!」

デリヘル嬢

俺はセフレ、友人はデリヘルを待つ

結婚式の2次会も無事に終わり深夜11時でホテルに戻ると、俺はセフレ、友人はデリヘルに電話をかけ、各々の相手を待つことになった。

珍しく俺が優位で面白い状況になっていた。

「先に来るのはどっちや、どっちが来ても俺の勝ちや!ただしデリヘル嬢がメッチャ可愛い場合を除く」

なんて、ホテルの部屋の外で雑談していた。

デリヘル嬢がやってきた

デリヘル嬢は樽(デブス)だった。

コートを着ていても分かる。
樽だ。

ホテルの部屋の外で俺は笑いをこらえるのに必死だ。

ワクワクしていた友人の顔が一変して怒りだした。
スマホを取り出して指名した子の顔を表示させる。

「顔が違う」

「えー、これ私だよ」

「ふざけんな」

俺もデリヘルでパネマジを食らったことがあるから気持ちは痛いほどわかる。

このやりとり、ホテルの部屋の前でやっていて、たまにお客さんが通る。
関わりたくないし、この状況は傍から見るのが面白い。

俺のセフレがやってきた

俺のセフレは顔はアレだが俺より身長が高くスタイル抜群。
しかも無料!つまり最強だ!
それを見た友人がさらにデリヘル嬢に怒りだす。

ぐぬぬ、チェンジもしない、キャンセルだ、キャンセル、帰れ!

これはさすがにセフレには見せられないため
そのまま部屋にエスコートした。

「仕事お疲れ様、来てくれてありがとう、ささ部屋に入って。明日は朝食バイキングだからねー♪」
「きゃきゃふふふ」

心配になり外を確認

5分後、友人の様子を確認しようと思って外に出るとまだ揉めているが様子がオカシイ。

怒っていた友人が勢いがなくなって敬語になっている。

デリヘルを管理している男と電話していたのだ。

キャンセル料は払わないですが交通費なら払います。

話はついたようで、友人は2000円の交通費を払いデリヘル嬢は帰った。

友人の背中もデリヘル嬢の背中もしょんぼりしていた。

さすがに可哀想だってことで、3人で飲もうと打診したが

すぐに来るデリヘルを呼ぶから俺に気を使うな

と格好良いのか悪いのか分からないセリフを吐き捨てて部屋に戻っていった。

翌朝、朝食に誘おうとしたが、友人は既にチェックアウトしていた。

昨晩がどうだったのかは怖くて聞けなかった。

おすすめの出会い系

PCMAX(R18) は会員数が1000万人を突破し運営が15年続いている人気の出会い系です。

続いてのオススメはハッピーメール(R18) です。

どちらも登録・退会が無料で簡単、今なら1000円分のポイントが付与されますので初心者でも気軽に試せます。

お試しポイントで会うことも可能ですが、入会直後のポイント購入お得になっています。

女性は無料で使えます。

-割り切り
-,

Copyright© 出会い系で失敗しまくりの体験談 , 2018 All Rights Reserved.