出会い系で下着が売られている

出会い系のパンツ売り

出会い系の下着売りの女という汚いお話。
マッチ売りの少女という美しい童話とは真逆ですな、はは。

最近、出会い系の掲示板で多いのが「パンツ売ります」、「下着売ります」って募集が多い。

下着泥棒とパンチラの盗撮は、普通にやったら犯罪。

彼女たちはこのフェチズムを持つ人たちのニーズに答えている。
彼らの願望を満たすためにパンツ売りの少女たちは必要だ。

アブノーマルは出会い系で探そう

しかもご丁寧に、生脱ぎや撮影のオプションまでついている。
生脱ぎ+1000円、撮影+2000円みたいな。

まさにバーター方式。
盗撮だけがしたいけどパンツ買うオプションに盗撮メニューがあるみたいな。

出会い系で下着が売れる時代

出会い系で生脱ぎ下着売りは18歳~20歳ぐらいの体を売りたくない若い女がお金稼ぎのためにやっているようだ。

相場が気になったので「パンツいくらですか?」って聞いちゃった。買わないのに。

パンツが一枚を手渡しで3000円らしい。安くね??いや買わんけれども。

ダイソーとかで買う安い下着で原価はほぼゼロだろう。

もちろんパンティーは好きだ。
美女のパンティーを嗅ぎまくりたい。

だが、パンツは過程であって最終到着点ではない。

したがってパンツを受け取った瞬間は興奮するが家に持ち帰ったらただの布きれで何の価値もない。

むしろ臭くて邪魔だし親が見たら泣く。

下着売りの募集が大人気

だがパンツマニアにはたまらないらしい。

実際、パンツ売りの少女たちにメールが殺到している。

PCMAXのキーワード検索で下着と検索してみれば面白いぞ。

パンツ売りの少女たちは需要を把握しているのだ。

間違いなく俺より優れたビジネス能力を持っている。

下着売りは欲望を満たすのか

だがパンツ売りの少女相手に彼らがフェチズムの願望を完璧に満たしているかというと答えはノーだ。

おそらくパンチラを盗撮する男は見せようとしているパンツに興奮するのではなく見られては困るパンツに興奮する。

下着泥をする男は盗られては困るパンツを盗ることで興奮する。

顔が分からないパンツを盗ることで興奮する。
たとえ、婆の可能性があったとしても。

そういう視点で考えるとこのニーズは満たせていない。

それでも性犯罪者となって捕まるよりは幾分ましだ。

犯罪者も生み出さず合意の上で欲求を満たすこのサービス。

パンツ好きには夢のような世界だ

素敵やん。

下着売りの女のことをマッチ売りの少女のように哀れみの目で見るのではなく優れたビジネスウーマンとして見るようにしている。

アブノーマルなセックスをしたいけど、恋人とはできないから出会い系で叶えてる男も多い。

このように出会い系はニーズに合った使い方がされている。

俺は普通にセックスしたいだけだから、フェチズム関連の恩恵は受けれてないね。

失敗しない出会い系

PCMAX は会員数が1200万人を突破し運営が17年続いている人気の出会い系です。

18歳未満は利用できませんので注意してください。

退会も無料で3タップですし迷惑メールもきません。

男性はメール1通50円で今なら600円分の無料ポイントが付与、女性は無料なのでお試し登録する人が多いです。

詳細はPCMAXでポイントを損をしない使い方を確認してください。

お試しポイントで会うことも可能ですが、登録して二日以内のポイント購入がお得になっています。

続いてのオススメはハッピーメール です。

質問がありましたら問い合わせか、出会い系マニアのツイッターからDMをください。

無料で登録と退会が簡単にできます

PCMAX(R18)を見てみる

男性は当サイトからの登録で600円分ポイント付き(女性は完全無料)

-割り切り

Copyright© 出会い系で失敗した体験談 , 2019 All Rights Reserved.